日生技研株式会社 北海道工場

__イベント__
■2016/2/8 
ISO:2015年版運用開始
品質会議議長が13:00分にキックオフ宣言を行いました
■2016/2/5 Sさんの60歳定年と再雇用のお祝い
焼き肉屋『沼田大門』で盛大に開催。Sさんはゴルフボールのスタンドをプレゼントされご満悦でした。
■2016/1/15 新年会
ホテル板倉で新年会です

ビンゴゲームで盛り上がりました
■2016/1/5 始業式
1年のスタートです。一年間、怪我をしたり病気になりませんように。
■2015/12/25 納会
大掃除後に1年間の無事を感謝し仕事納めを行いました。合わせて同日退職のY子さんの門出を祝福しました。


■2015/12/18 忘年会
幌新温泉ほたる館で年忘れの会を行いました。会長が参加されました。
■2015/12/8
2015/12にISO9001:2015年版のJIS規格が発行されました。当社は2016/8に2015年版に移行に向けて準備を開始しました。新マニュアルの運用開始を2016/4に予定しています
■2015/9/5 植樹祭
工場の南側の敷地で果樹を育て2020年に収穫祭を行うことになり植樹祭を行いました。

工場紹介


連絡先 〒078−2204北海道雨竜郡沼田町西町493
TEL.0164−35−1391  FAX. 0164−35−2535
Email:
matsuura@camnis.com
従業員数 26名(男 11名、女 15名)
工場長 松浦 透
事業内容 電子機器の実装




設備


最新設備

2015年3月
■無線機テスタ
MS8230A(アンリツ)
このほかの測定器
・13種 34台



2015年3月
■外観検査器
U22XFDA-650(マランツ)
Lサイズのプリント基板のディスクリート基板のディップ前検査を行うために導入しました。カメラが移動するタイプの為比較的重量のある部品を搭載しても検査可能です



2015年3月
■静止型全自動半田槽
FDS-450B(センスビー)
Lサイズのプリント基板のロングリードディップの静止型半田槽
このほかの半田槽
・全自動噴流半田槽 1台
・手動式スポツト半田槽


2012年12月
■マウンタ
YG12F(ヤマハ)ライン
・半田印刷機 1台
・ディスペンサ 1台
・半田印刷外観検査機 1台
・マウンタ 2台
・リフロー 1台




内製したシステムや設備

2014年5月
■自動検査ツール
当社は対象の製品毎VBで作成していましたが、
テキスト形式のシーケンスファイルを読み込んで
自動検査をさせることができるようになりました。
測定器のコマンドさえ理解できれば誰でも検査プログラム
が作成できるようになり利用頻度が上がりました。
このための測定器も充実してきました。


2012年8月
■ドラフトチャンバー
防湿剤のコーティングは換気の為寒い部屋で一人作業を
することが多く安全衛生上問題がありました。、
工場の改装によって不要になったファンを再利用して
ドラフトチャンバーを自作しました。1800w*600d*1800h
鉄のアングルでフレームを作り半透明のプラダンを貼付
作業窓には厚手のビニールを貼りました。
総額20万円弱でした。これだけの長さのチャンバーなので
均一の排気には工夫のし甲斐がありました。


2006年5月
■在庫管理ツール
Microsoft Accessを使って自作した在庫管理システム
使い勝手が今一ですが部品6639点、製品191点の
生産計画と在庫管理を行っています。
2016年夏には全社統合型のシステムに置換わり
残念ですが10年でお役御免になる予定です。


inserted by FC2 system